自分でできる!3つの加齢臭チェック方法

加齢臭を自分でチェックするための3つの方法をご紹介します。適切な加齢臭対策を始める前にしっかりと自分の臭いをチェックしておくことが重要です。
MENU

自分でできる!3つの加齢臭チェック方法

加齢や季節の移ろいで気になる体臭ですが、自分ではなかなか気付きにくいですし、チェックしにくいですよね。

 

ところが多くの人が悩む加齢臭でもセルフチェックを正しく行えているか否かで周りの人に与える影響は大きく変わります。そこで今回は自分でできる加齢臭チェックの方法をご紹介します。

 

1.質問表を利用する

インターネットや雑誌などで探すと見つかる、加齢臭のリスクチェックシートを利用する方法があります。

 

普段の生活習慣や悩みごとなどを二択から四択程度で回答していき、加齢臭が発生しやすい可能性を確認できるものです。気軽に試せるので自分自身はもちろん、家族など身近な人のリスクもチェックできますよ。

 

2.衣類の臭いを確認

自分自身の臭いは客観的に嗅ぎにくいものですが、1日着用した後の衣類を利用すれば普段どんな臭いを纏っているのかチェックすることができます。

 

もちろん脱ぎたては鼻が慣れているので、お風呂上りや朝起きたときなど脱いでから少し時間と距離を置いて確認するのがオススメです。ワキは確認する人も少なくないポイントですが、加齢臭の場合は襟元や後ろ身頃に臭いが付きやすいので忘れず確かめてください。

 

3.拭き取りチェック

リアルタイムで発生している臭いを確認したい場合は、清潔な布やティッシュで皮脂の多く分泌するスポットを撫でるように擦り、嗅ぎます。

 

耳の裏や首下、胸元などが臭いやすいポイントなので、お昼休憩や帰宅直後など一汗かいた後にチェックしてみても良いでしょう。本人だけでなく、可能であれば第三者にも嗅いでもらうとより性格なチェックができます。

 

特に臭いの発生源を確かめたいときなどに活躍する方法です。

 

まとめ

加齢臭のチェック方法は目的によって色々なパターンがありますね。

 

年代やライフスタイルとも大きく関わりながら生じるものですから、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

 

そうすることで早期の発見と対処が可能になり、悪化する前に改善できますよ。

このページの先頭へ